読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロシの人生

書きたいことを書きたいときに

ふるさと納税て結局何?

少し前からよく聞くふるさと納税

 

具体的にはわからないが税金を納めると地方からお礼に特産品がもらえる

 

と、これくらいしか知識がなかったのですが、本格的にやってみようと思い調べました。

 

まず、ふるさとと名前が付くぐらいなので自分の地域にしか寄付できないと思っていたのですが、違います。

 

自分が寄付したいと思った地方に寄付することでその地元での特産品がもらえるのです。

そして2000円を超える金額は所得税や住民税が安くなります。

つまり節税。

 

仮にA市に1万円を寄付した場合、A市の特産品のなかから好きなものがもらえる!

8000円分は税金から還付・控除される為、実質2000円で特産品がもらえる仕組み。

 

自分のふるさとや所縁のある地域でなくとも、ここのお肉、海産物がいい!とおもったらその地域に寄付してOKです。

 

節税になるのでいくらでも寄付しようと考えるのですが(私も思いました)年収や家族構成により寄付の上限が定められています。

 

仮に

家族構成が妻は専業主婦 

子なし、または中学生以下

夫の収入450万

の場合

 

 

上限4万1000円です!

 

更に確定申告を自分でやるのが面倒とかんじるのですが、中にはワンストップ特例制度というのがあってサラリーマンなどは自分で手続きせずに済むんです。

 

ワンストップ特例制度について私が知る範囲での注意点は

・もともと確定申告をする必要のない人

・1年間の寄付先が5自治体以内であること

・ネットで寄付する際はワンストップ特例制度の申請を希望して自治体から書類をもらい必要事項を記入後に郵送すること

 

だいたいの特産品での寄付額は1万〜になります。

中には5万〜の寄付、10万〜の寄付とあり。

高級品は高いので意外にピンキリです。

 

 

実際私は寄付したことないです!笑

今年中に試してみます。

特産品が届いたらまたブログ書きます。